取引用パソコンは普通のPCと何が違うの?


デイトレ用の多画面PCと普通のPCとの違いについて
画面数が増えるほど高性能のパソコンを選ばなくてはなりません!

デイトレ用PCと普通のPCとの違い

普通のパソコンは画面数が1画面です

トレードするときに各時間足のチャートや各取引画面や市況情報を同時にたくさん表示したりまた大きく表示するすることができません

 

 トレード用パソコンは

 大きなモニター(21~43インチ)を2画面から8画面接続して

各時間足のチャート4枚から8枚以上、取引画面やニュース画面市況情報画面など すべてを一目でリアルタイムに見ることができるように設計されています

 

トレードを日足だけあるいは5分足だけで売買している人はいないでしょう

日足・1時間足・5分足など 少なくとも3つ以上のチャートを見て取引します

 また 

発注するには取引証券会社の発注画面も表示します

加えて

市況情報・海外状況・ニュースサイト情報などの表示が必要です

これらを

すべて手持ちのノートパソコンでなのひとつづつ画面を切り替え切り替えしながらやることはとても時間と手間のロスが大きくて無理なのです

そこで

トレード用の多画面パソコンセットが必需となります

 

ー勝つためにはどうしても道具をそろえることから始めなければならないのですー

 

トレード用の多画面パソコンは、通常の1画面パソコンよりも何十倍も高い性能が必要!

我々トレーダーが日常トレードに使っているチャートは、インジケーターやEAなどが複雑に凝縮されていてとても重いものです。

 

その複雑なチャートが4~30枚に増え、またモニター画面が4~8枚に増加することによってパソコンの負荷が通常の1画面パソコンの何十倍にも増えるのがトレード用の多画面パソコンです。

ですから当然、トレード用の多画面パソコンは通常の1画面パソコンよりも何十倍も高い性能が必要です。

 

特に4画面以上に画面数が増えてくると、性能の低いパソコンではチャートの表示速度が遅くなります。更に6画面や、特に8画面以上になると、チャートの表示速度が加重的に遅くなります。

 

この時パソコン(CPU)の性能が高いほどチャートの表示速度が速いのです。

 

なのでチャート数を増やしても表示速度を最高に維持する為に、最高性能のi9パソコンをあえてモニター数を4画面に抑えて使うベテランが多いのです。

画面数が増えるほど高性能のパソコンを選ばなくてはなりません!

 

4画面以上のパソコンは、画面数が増えるほど特に高性能のパソコンを選ばなくてはなりません。

  • 4画面では i5~i7~i9
  • 6画面では i7~i9
  • 8画面では i9

が必要です。

 

(i9パソコンを4画面か6画面で使用するのが最も理想的です)
4画面以上にするのであればパソコンの選び方に気を付けましょう。

 

トレードパソコンは普通の1画面パソコンに較べて10倍~数十倍もの重い作業を行います。1画面パソコンの数十倍の基本性能が必要です!!

最強株用PC・FX用PCをどこよりも安く。勝ち組デイトレパソコン販売
購入のお悩みなんでもご相談ダイヤル
お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ・ご相談はお電話、またはメールでお気軽にどうぞ